たぶん片付け日記

□汚部屋(倉庫系)出身、片付け中。散らからない部屋を目指してます。 熟考型、面倒くさがり、物忘れ多い、捨てられない、外面が良い。不安から買い物依存気味だった時期有り。

24、使い捨てしまくって生活するのをやめたい

このあいだ手直ししたカーテン。確か4000円ぐらいだったと記憶している。

もしこれが大切な人にプレゼントされたもので、お気に入りのデザインで、もう二度と手にはいらないものだったら。私は切りっぱなしでカビさせたまま3年も使用しただろうか、と考えてみた。

たぶんカビる前に結露を拭いて、洗濯もしたと思う。切りっぱなしで放置もしなかった。

「汚れたら捨てればいい」という考えが根本にあるから、手入れしないのだなと思いました。シーツもベッドカバーも同じ。

確かカレンさんの本に、「割れたマグカップを使っていると、それに見合う自分になる」みたいなことが、書いてあったんだけど、ものすごく納得した。

汚れたカーテンと、汚れたベッドカバーの似合う自分だったと思う。だって部屋が汚かったから。茶渋の似合う自分だった。

 

それに、お金の心配をしていない時の3000円と、している時の3000円って、全然価値が違う。カーテンの大切さが全然違う。

私は、おそらく昔からお金のことが心配だったのに、「お金のことなんて、あんまり気にしていないよ」っていう自分が良いな〜って感じていたのかもしれない。自分が見栄っ張りって思ったことなかったけど、実はそうだったんだなと思った。心配されたり、弱い自分を人に見せるのが嫌だから。

お金のこと、実際は、めちゃくちゃ大切なことなんだけど、目を反らし続けた。

自由に使えるお金が減るだろうと思うと、嫌だったのかも。

限られた中でやりくりして貯蓄するのも、今はすごくやってみたいし、勉強したいことだけど、数年前は、そんなことやらなくても、あんまり使わなければ大丈夫!という謎の自信があった。ものすごい漠然としていた。なんだったんだろう、あれ……!

 

今、片付けが続いてるのが、自分でもとても不思議だけど、なんだかわからないけど、そういう時期だったのかなと思います。