たぶん片付け日記

□汚部屋(倉庫系)出身、片付け中。散らからない部屋を目指してます。 熟考型、面倒くさがり、物忘れ多い、捨てられない、外面が良い。不安から買い物依存気味だった時期有り。

本とCDは、最後にやるべきだった

一般向けの片付け収納などの本を読んで、私が大きく勘違いしてしまったこと。

 

オタクとしての……、本、CDの処分。

 

これは私、ほんっとうに後悔しているところです……。本やCDは、処分するのに手をつけやすいところとして、手順のはじめの方に区分けされていることが多いもの。

だが実際やってみた結果として、一番最後にするべきだったと、今でも思います。

 

なんでかっていうと、思い出品よりも、これらはもっと重要で、私の精神とリンクしていた。

物の総量を減らしたいという思いのあまり、結構な領域まで手をつけてしまったから。物の価値以上に思い出が付随している。

寂しい……!!!今、本当に寂しい……!!!!!

この作業を初期にやったのが、ほんと、良くなかったよなと思っています。自分へのダメージも結構あったんだなと、今になってほんと思います。落ち込んでた原因もこれかもなぁ……。

本・CDではなく、【趣味のもの】として分類すべきだった。

 

もっと先に捨てるべきものがいっぱいあったよなとつくづく。捨てる行為に慣れていないから、処分するものと、処分しちゃいけないものの、判断がつかなかったんだろうな。

オタクのための片付けの本とか、でないのかな〜。ものすごく読みたい……!!