たぶん片付け日記

□汚部屋(倉庫系)出身、片付け中。散らからない部屋を目指してます。 熟考型、面倒くさがり、物忘れ多い、捨てられない、外面が良い。不安から買い物依存気味だった時期有り。

片付け、掃除が嫌な原因

私なりに考えてみました。

 

汚部屋だ〜って人は、汚部屋の状態を好んで暮らしているわけじゃなくて、大抵は『そのうち気合いれて、一気に片付けるぞ』って思ってますよね。

大掃除。年明け、新年度。衣替え。長期休み。

何かをきっかけにやり始めたとして、決意も行動も3日坊主になってしまって『とりあえず今はこれで』になってしまうのは、やっぱり『片付け、掃除』が自分にとってすごく嫌なものだからだと思うんです。

私は一人暮らしだから、一人暮らしで例えますが、お風呂場が汚くて掃除するにしても

『自分が掃除しなかったせいで、こんなに汚い』

ぐちゃぐちゃのクローゼットを見ても

『自分が適当に突っ込んだせいで、こんなに汚い』

ベランダにいっぱい溜まったゴミの袋をみては

『自分が曜日を守って出せなかったから、溜まってしまった』

行動すること全部、やろうとすること全部が、自分に跳ね返ってきてしまいます。

部屋のどこを見ても、自分が否定されている。

自分はなんてダメなやつだったんだ。

こんなだから〜できないし、〜もできない。

普通の子は〜なのに、私は〜だから、ダメに決まってる。汚部屋と向き合ってる時は、私はいつもそんな気持ちでした。

 

ブログを使って、多少客観的になろうとしていましたが、胸の中はずっとこんな状態。

片付いていき、徐々に部屋が綺麗になり、ゴミも処分でき、

『自分はできるんだ』という気持ちも芽生えましたが、それ以上に『ダメな自分』を目にする回数が多すぎました。

 

嫌になるのも当たり前だよなと今は思います。

叱られるのをわかってて会社に行く時の気持ちと、少し似てるかなと思います。

そんなことできれば避けたい。けれど怖くてズル休みして逃げたとしたら、もう家では最悪な気持ちです。問題を先延ばしにしているだけ。

明日会社が潰れでもしないかぎり、いつか叱られることには変わりなく……。逃げた自分にまた自己嫌悪するんです。

その諸々のサイクルを、全部自分でやっているようなものです。

ぐだぐだ片付けしてきて、今更思いますが、モチベーションって嫌な事に対しては基本上がりません。それなのに、モチベーションをあげようと試行錯誤してた私。方法が悪かったなと思います。