たぶん片付け日記

□汚部屋(倉庫系)出身、片付け中。散らからない部屋を目指してます。 熟考型、面倒くさがり、物忘れ多い、捨てられない、外面が良い。不安から買い物依存気味だった時期有り。

片付け・つまづきがちな部分1

 

(汚部屋(倉庫系)向きの記事です)

 

やる気が出ない

なんとなくこのままではヤバイと思っているけど、暮らせてしまうから、まあ明日でいいか。次の休みでいいか。来月で……。仕事が落ち着いたら。

仕事での疲労や、体力的に疲れている時は、別にやらなくていいと思います。いくら先延ばしにしてもいいと思う。嫌々やると、余計に疲れるし良いことない。仕事後の平日とかに、無理に片付けの予定を組み込むこともないと思います。

ただ、「ちょっと余裕のある休みの日」とかは、一日ダラーっとしていられたら幸せだろうけど、そこをタイマー利用して、1,2時間片付けや掃除をしていました。

やる気を出す方法は、片付け関連のブログや、本を読むって方法もあります。(私もだいぶお世話になりました)

ただ、いくら頭で思い描いても、身体や気持ちに余裕のある時にしか実行はできませんでした。

なので、やる気になってきたけど、なんだか上手く進まない……、ってときにこの手の本を読むのが最高でした。

 

 

ごみの捨て方・分別がわからない。

ごみ分別は、市のホームページに必ず案内があります。(最近はスマホアプリがある自治体も)

分別のパンフ(冊子)は、役所ロビーのチラシ置き場においてあります。なかったら、総合案内の人に尋ねれば貰えます。

月に1,2回しか回収のないものは、いつどこへ捨てるかをメモして、その物品に貼っておきます。そうしないと、部屋の置物になる確率が100%でした。

有料の粗大ごみも同じで、ゴミのチケットを買う。回収を申し込む。物品にいつどこへ捨てるかを書いたメモ貼る のち、部屋で待機です。

とにかく、処分法がそらで思い出せない分別ゴミは、パンフを見て思い出しても、すぐ忘れます。

その時は覚えていられると思うのですが、絶対忘れます。

メモして貼るのが、一番良かったです。